トヨタ シエンタ

トヨタ最小ミニバン?

シエンタは、トヨタ自動車のミニバンに該当するものの中で一番小さなミニバンとしてラインナップされている車です。
全長4120mm、全幅1695mm、全高1670mmという小さなボディの中に1500ccエンジンを搭載し、3列シートを備えているため、定員は7人乗りになっています。

 

基本構造は、3列シートを収めるために当時のトヨタで発売していた2種類の小型車用シャーシを合わせた作りになっており、小型ながらもホイールベースを稼ぐことができました。同社の車と比べると全長は約20cm短いですがヴィッツとほぼ同等のサイズになっており、コンパクトで取り回しが楽になっていますが、5人乗りの小型2ボックス車の全長を少しプラスしただけのボディに3列シートを無理やり押し込めた感は否めず、「ミニバン」のネームバリューをつけたいための苦肉の策を講じた車と思ったほうがよいでしょう。
事実、登録上は7人乗りにはなっていますし、全高も高めになっているので、小型ミニバンと言ってしまえばミニバンですが、サードシートを取り外してしまえばヴィッツやイストのようなコンパクトカーといっても全く違和感がない車です。

それほど差のないグレード

シエンタのグレードは、高級グレードのGグレード、廉価グレードのX、後から追加されたGとXの中間を埋めるX Lパッケージ、専用外観パーツを備えたDICEの4種類が用意されています。
Gグレードは、シエンタの装備できる装備を漏れなく手にすることができるグレードで、ディスチャージヘッドランプにパワースライドドア、室内にはオプティトロンメーター、オートエアコンが装備されているものです。
廉価グレードのXグレードはGグレードのような豪華装備はついてはいませんが、X Lパッケージには、評判の良いパワースライドドアとディスチャージヘッドランプがつけられています。
外観が標準モデルとは違うDICEは、専用のフロントバンパーや専用ディスチャージヘッドランプ、リアコンビネーションランプがつけられており一見、別の車のように見えてしまいますが、それ以外は廉価グレードのXグレードと同等の装備がなされています。

 

こうしてみると他の車と違ってグレードによる装備の差があまりなく、グレード選択するのにもあまり頭を悩ませることもないと思います。ただ最近のトヨタは低グレードの車の外観を変えただけのグレードをつくる癖があり、装備を充実させたものとスタイルを変えたもの二本立てで来るので、装備で選ぶとスタイルが、スタイルで選ぶと装備がというパターンになることが悩みの種です。

定番の足回り

シエンタの足回りは、トヨタのミニバンや小型車などで一貫して同じ構造がとられているものと同じタイプが取り付けられています。

 

フロントはストラット、リアは2WDにはトーションビーム、4WDにはダブルウィッシュボーンという形式でこれは大型ミニバンのアルファードでも最小ミニバンであるシエンタでも全く同じ構成です。
フロントは、軽量で構造が簡単なストラット式ですので独立懸架ですが、リアのトーションビームはいわゆるリジットサスペンションで右のタイヤにうけた力が左のタイヤにも及ぶというトラックと同じ考え方のものです。
サードシートあたりのスペースを稼ぐために全高の低いサスペンション構造をとるというのは分かりますが、トラックと違ってミニバンとなれば乗り心地を重視したいところです。
4WD車で独立懸架のダブルウィッシュボーンを採用しているのであれば、2WDにも付けられるはずです。多少価格が高くなってもこのくらいはミニバンというくらいならつけてほしかったと思います。でも走ればそれなりに走れますので特に可もなく不可もなくといったところでしょうか。

トヨタ,最小,SSクラス,ミニバン,シエンタ